埼玉県蕨市(蕨駅東口)にてピアノ教室を開いています。
音楽が一生の友になっていただけるようにレッスンします。
無料体験レッスン実施中です。
LINKのお問い合わせフォームよりメールをお願いします。


音を出す前に

忘れてはいけないことが、演奏の構え・姿勢のチェックです。

いろいろな考えがあるので、これが一番ということではないですが、わたしが指導している内容です。

 

まず、椅子の高さ。

横から見たときに、腕が水平になるよう座ってください。

低すぎると鍵盤にぶらさがったような姿になるし、高すぎると腕が伸びきってしまいます。

ただ、低年齢の生徒さんがペダルを使う曲を弾くことになると、そちらの都合を優先しますので、かならずしも上記のことが守られなくなります。

ペダルつきの足台を使うのがベターですね。

ただ足台はもう必要ないくらい成長したけど、ペダルを踏むとなると椅子の高さが理想的ではなくなる場合もあります。

そういったことで、低年齢のうちはあまりペダルを使うことをしないほうがよいのでは?という考え方もあります。

体験程度にペダルを時々使ってもらって、響きの違いや踏むタイミングを学んで頂けたらよいかなと思っています。

 

それから、足の裏がしっかり床につくことを基本としています。

肩幅程度に両足をセットして、ほんの少し前傾して足の裏に体重をのせるように。

「立ってみて。」と言われたら、すくっと立てるようなバランスが理想です。

そこで、椅子の座り方が再び問題になってきます。

普通に座るときは深く座るのがよいですが、ピアノの演奏のときはかなり浅く座ります。

深く座るとのけぞったような姿勢になり、力が腕を伝わって鍵盤のほうへ流れていかないからです。

力の強い男性ピアニストの方などは深く座って演奏されている場合もありますが、まず基本姿勢として、浅く座って前傾姿勢をとり、力が自然と鍵盤のほうへいくようにしていただきます。

それにともなって気持ちもよりピアノに向かい、積極的に練習しようとする気持ちになります。

 

練習を始めるときは、構え・姿勢のチェックをお忘れなく!

次第にそれが習慣になっていきます。

 

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>