埼玉県蕨市(蕨駅東口)にてピアノ教室を開いています。
音楽が一生の友になっていただけるようにレッスンします。
無料体験レッスン実施中です。
LINKのお問い合わせフォームよりメールをお願いします。


弱音を大切に

休符とともに大切にして欲しいのが、ピアノ、ピアニッシモ等弱音が指定してある箇所です。

弱音がなくなると、表情の乏しい演奏になってしまいます。

押したり引いたりの波があるとしたら引く部分がなく押してばかりで、聴いていてつらくなります。

ハノンなどテクニック系のテキストで、同じ音型を強弱いろいろな音量で弾けるようにしておくと曲への応用ができるようになります。

付け加えると、速さも変えて弾いておきましょう。

始めたばかりの幼児の生徒さんには、ご自分の声でやってもらったりしています。

「おはようございます。」も、普通の声、大きい声、小さい声と。

お子さんは概ね大きい声は得意ですが、小さい声は意識しないと出せないみたいです。

これをふまえて、ピアノの音でもチャレンジすると音量の幅は狭くとも経験として成り立つと考えています。

 

 

音楽を一生の友にしていただけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

練習方法 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>