埼玉県蕨市(蕨駅東口)にてピアノ教室を開いています。
音楽が一生の友になっていただけるようにレッスンします。
無料体験レッスン実施中です。
LINKのお問い合わせフォームよりメールをお願いします。


自分の気持ちに問うてみる

譜読みの段階で、ひとまず楽譜に書いてある通りに弾けたとします。

その時、平常心で弾けたでしょうか?

ひやっとした、、不安になった、焦った、なんとなく違う感じがするなどマイナスの感情が働いた箇所は、さらなる練習が必要です。

部分練習を多くする、 運指を再検討する、全体の弾き込みをする、参考になる演奏を聴くなどして練習を深めてください。

自分の気持ちは、練習の成果を計る最適な目安になります。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
つなぎ目の練習

曲の場面が変わるところで、つっかえてしまう場合。

変わり目は跳躍が必要なことも多いので、まずは(例えば)Aの最後の音からBの最初の音へ移るだけの練習。

拍子にのっとって正確にできるように。

次は、Aの最後4小節とBの最初4小節をつなげる練習。

これも、拍子に合わせて弾けるように。

1度弾けたら、最低でも5回はくり返してみて、本当に弾けるようになったか確認するようにしましょう。

それが出来たら、AーBの弾く範囲を広げてみる。

どこかの時点で、またつなぎがうまくいかなくなるかもしれない。

でも、それはよくあること。

また範囲を少し狭めて根気よく練習を積んでいくようにしましょう。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
「家では弾けてたのに・・・。」

レッスン室で弾いたら上手くできなくて、「家では弾けてたのに。」と言うケース。

単純に言い訳なのですが、なぜそうなのか考えてみます。

「弾けてた」ということは、どういう風にでしょうか。

1回だけだったりしませんか?

例えば、昨日弾けたからもう大丈夫と思ったとか。

1回弾けたは、本当に「弾けた」にはなっていません。

3回くり返してみてください。

3回とも同じように弾けますか?

では、5回に増やしても同じように弾けますか?

漢字や計算の宿題が最後まで出来たから終わりというのとは違います。

今日弾けても、明日も必ず弾けるとは限りません。

コツコツ丁寧に確認しながら練習を進めていかないと、本物の「弾けた」になりません。

それから、レッスンの前日、あるいは当日に慌てて練習して弾けるようにしたつもりでも、それはいわゆる「やっつけ仕事」でとてももろい状態なので、レッスン(本番)で同じようには弾けないです。

レッスンの2日前に「弾ける」状態にしておいて、前日は確認の日にするのが理想です。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
手癖をつけない練習

レッスンのたびに、同じところを間違えているケース。

それはなぜでしょう。

その部分を徹底的に正しく弾けるようにしなくては、という強い気持ちが無いのでしょうか。

わかってはいるのだけれどそのうち・・・と思っている間に次のレッスンが来てしまうのでしょうか。

怖いのは、その間に「間違った手癖」がついてしまうかもしれないということです。

運指は振り付けみたいな面もあるので、違う音を何度も弾いていると指がそちらの音の方を覚えてしまうかもしれません。

そうなってからだと、すぐに直すよりも何倍も時間がかかり苦労も増します。

譜読みの段階から、できる限り間違った音の方へ指がいかないように気をつけて弾きましょう。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
裏拍を感じる

休符の後の音が早く出てしまう、タイや付点の音が短くなる、少し複雑なリズムが正確に弾けない等は、裏拍を感じ取って弾いていないということが大きい原因としてあげられます。

例えば四拍子の曲、「イチ、ニ、サン、シ」だと表の拍のタイミングだけ感じていることになります。

バーナムピアノテクニック(1) の装飾音符の曲のタイトルが「1トォ、2トォ」とありますが、そのトォのところが裏拍に当たる訳です。

これをカウントしないと装飾音符を弾くタイミングが早まってしまう・・・言い換えると前半の半拍が短くなるということです。

ですから、普段から「イ、ニ、サ、シ」と、裏拍のタイミングである赤文字のところを意識して数える練習をするとよいです。

この方法を何度も経験するうちに、自然とご自分の体の中で表も裏もカウントして演奏出来るようになります。

独奏の場合は、指揮者も自分でやるという気持ちで練習しましょう。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
楽譜の先を見る

1小節ごとに止まりながら弾く場合。

よくある原因

〆C討い討い襪箸海蹐硫刺笋鮓ている。

⊆蠅鮓ている。

ということがあげられます。

´△箸發法∈C討い討い襪箸海蹐茲蠕茲硫刺笋北椶行っていないということになります。

それも、1拍前などでは間に合いません。

視野に入る音符はもう見ている訳ですから、かなり早いタイミングで次の音へ視線を動かすことができます。

音は時間とともに運ばれていっている、ということを念頭に置いて演奏しなければと思います。

 

前回の記事でも書いたように、音楽は止まるということは最悪の自体なのです。

それが、あまり切実に感じていないケースが多いようです。

早い段階から「止まらない」ということの大切さを教える必要があると感じています。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
弾き直し、止まり癖

通しで弾くときに、間違えたところを弾き直してしまう。

それよりも、拍を崩さないで先に進むべきなのだけれど、どうしてもやってしまう人もいます。

どうやら、間違ったのだから正しい音で直さないといけないみたいに思っているらしい。

文字を消して書き直すように。

音楽は時間芸術なので、約束の拍数を伸ばしても縮めてもいけないということを理解してもらう必要があるみたいだ。

こちらが常識と思っていることも、意外と説明が必要だったりするのだなと思う。

これは、癖になってしまうとステージでもやってしまう。

なんと聴きづらいことか。

弾き直さないで進んでいくことも、ある程度トレーニングが必要な場合もあり、やれば必ず克服できます。

 

それと、止まり癖も同じ。

 

ひとりで演奏すると、音楽の約束事にたいして甘くなることもあるので、気をつけなくてはいけません。

 

そして、普段の練習は、弾けないところを練習したら前後を加えて弾いてみて同じようにうまく弾けるか確かめましょう。

前後を入れると弾けないこともよくあります。

 

このように、通し練習と部分練習の考え方を切り替えて、小さな本番である次回のレッスンに臨んでください。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
最後の音まで聴く

曲を通しで弾いてもらうと、最後の特に伸ばす音を弾ききっていないケースがけっこう多いです。

途中でうまくいかなくてどうせダメだったからというような気持ちになっていて、最後の音まで魂が入っていない場合。

でも、その時は「これが自分の演奏」として、最後の音まで大切に弾かないといけないのです。

音を出した時点で気持ちが終わってしまっている場合。

音は出して、そして、終える、そこまでが音なのだということを忘れないでいてください。

1拍と3拍では、音楽性が違ってきます。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
音を出す前に

忘れてはいけないことが、演奏の構え・姿勢のチェックです。

いろいろな考えがあるので、これが一番ということではないですが、わたしが指導している内容です。

 

まず、椅子の高さ。

横から見たときに、腕が水平になるよう座ってください。

低すぎると鍵盤にぶらさがったような姿になるし、高すぎると腕が伸びきってしまいます。

ただ、低年齢の生徒さんがペダルを使う曲を弾くことになると、そちらの都合を優先しますので、かならずしも上記のことが守られなくなります。

ペダルつきの足台を使うのがベターですね。

ただ足台はもう必要ないくらい成長したけど、ペダルを踏むとなると椅子の高さが理想的ではなくなる場合もあります。

そういったことで、低年齢のうちはあまりペダルを使うことをしないほうがよいのでは?という考え方もあります。

体験程度にペダルを時々使ってもらって、響きの違いや踏むタイミングを学んで頂けたらよいかなと思っています。

 

それから、足の裏がしっかり床につくことを基本としています。

肩幅程度に両足をセットして、ほんの少し前傾して足の裏に体重をのせるように。

「立ってみて。」と言われたら、すくっと立てるようなバランスが理想です。

そこで、椅子の座り方が再び問題になってきます。

普通に座るときは深く座るのがよいですが、ピアノの演奏のときはかなり浅く座ります。

深く座るとのけぞったような姿勢になり、力が腕を伝わって鍵盤のほうへ流れていかないからです。

力の強い男性ピアニストの方などは深く座って演奏されている場合もありますが、まず基本姿勢として、浅く座って前傾姿勢をとり、力が自然と鍵盤のほうへいくようにしていただきます。

それにともなって気持ちもよりピアノに向かい、積極的に練習しようとする気持ちになります。

 

練習を始めるときは、構え・姿勢のチェックをお忘れなく!

次第にそれが習慣になっていきます。

 

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
ピアノ曲を弾く

わたし自身、クラシックだけでなく、ジャズやポピュラー、J-POPなどの気に入った曲を弾くのは大好きで、レッスンで使うことも多いです。

「知ってる曲だから、練習し易い。」「とっつきがいい。」といったところが、選曲の理由でしょうか。

ただ、歌モノやほかの楽器の曲はピアノのために作られていないので、耳慣れた曲でも弾いてみると案外難しかったりします。

何が難しいかというと、まず運指だと思います。

ピアノで弾きやすいように作曲されていないので、音列がピアノ曲と異質な箇所もあるのです。

これらのジャンルの曲を選ばれるのは、どちらかというと初心者レベルの生徒さんが多く、より難易度が高まることになります。

それから、シンコペーションのリズムが多用されている曲も難易度を上げています。

小節の半拍前に入れないとか、タイが待てなくてタイミングが突っ込みがちになるなど。

そういった訳で、できればピアノのために作られた曲をたくさん練習していただいて、少しずつ運指・リズムのレベルを上げて欲しいと思っています。

それに、アレンジものを弾くよりピアノの音色・響きの魅力を味わうことができます。

 

そのことを生徒さんにわかっていただけるよう、指導者は教材研究をしたり、聴いてもらったりしなくてはいけません。

今現在は、ギロックとそのお仲間の方々の教材がとっつきの良さという点と大人にもおすすめできて、良いかなと思っています。

 

 

音楽を一生の友にしていだけるレッスンを心がけています。

無料体験レッスンなど、お問い合わせはコチラからお願いします。

 

 

にほんブログ村 ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村 音楽のある暮らし

にほんブログ村 蕨情報

練習方法 comments(0) -
| 1/3 | >>