埼玉県蕨市(蕨駅東口)にてピアノ教室を開いています。
レッスンの内容、使用教材などを記録します。
大人の生徒さん、大歓迎です。
お問い合わせは、LINKよりどうぞ。

2015年 発表会
9月20日日曜日午後2時くらいから、蕨駅西口すぐの「くるるホール」にて、
ピアノ発表会を開催します。
今年は演奏者10人ですが、少人数ならではのアットホームな会にしたいと思います。
1部は独奏、2部は連弾です。
連弾の練習も、みなさん楽しんでくれているようで、嬉しいです。
 
発表会☆おさらい会 comments(0) -
初めのテキスト
初心者の生徒さんに使っていただいている主要なテキストを、ご紹介しておきます。
大まかに、年齢層によって、変えております。

幼児(小学生未満)の生徒さんには、主に「ぴあのどりーむ」を。
この教材は、3巻まで進んだら、別の教材へ移行しています。
中には、順を追って4巻以降もやりたいという生徒さんもいらっしゃいますので、そういう場合は気持ちを尊重して、そのままどりーむを進んでもらっていますが、あまりかんばしくありません・・・。

小学生以上から始められる生徒さん(大人も含めて)には、バーナムのピアノテクニックと教本を併用して始めています。 
こちらも、様子を見て全巻をやらず、別の教材に移行したり、併用したりしています。
それと、譜読みトレーニングのワークブックも、生徒さんの状況(ふよみが苦手など)を取り入れたりしています。

個人レッスンですので、一律に考えず、生徒さんのタイプによって、柔軟に対応することが大事ですね。
教材 comments(0) -
発表会準備
今年は、11月6日(日)が発表会です。
今日、プログラムの印刷に取り掛かりました。
毎年、1枚目を印刷するときは、ドキドキします。
ちゃんと全員載せているか?
誤字・脱字は無いか?
日時は間違っていないか?
そして、講師演奏もこれで決まりだなとか(笑)

表紙のお教室名の両側につけていた☆マークを今回取ってみたんだけど、少し地味めになったかしら?
シック路線ということで、今年はこれでよしとしましょう。

今年の新しいところは、ヴォーカルでの出演者がいらっしゃること。
カラオケ教室に通っている方で、当教室にはヴォイストレーニングということで来てくださっています。
今まで弾き語りはありましたが、歌メインは初めて。
バラエティーに富んでいて、楽しい会になるんじゃないでしょうか?
発表会☆おさらい会 comments(0) -
練習は、生きること。
レクチャーに通うようになって、丸3年。
ハノン、ブルグミュラー、ツェルニー30番を教材に、基礎の奏法を学んできた。
脱力ポイントが、まさにポイントなのだと感じている。
日々限られた時間でも、ほんの5分でも自分に問いかけながらピアノに向かうと、変化をもたらす時が必ず来る。
50歳という今の年齢でも、変化していくことが出来るという実感を味わえる、幸せな時間だ。
前向きに生きている実感を覚える。
自分の練習 comments(0) -
ニュー看板


プロにお願いして、新しいお教室の看板が仕上がりました。
デザイン、配色を考えるのは、大変かつ楽しかったです。
製作はさすがプロ、綺麗です。
表面にラミネート加工がなされており、紫外線にも強いそうです。

大人の方が来やすいように配慮したのですが、どうでしょう?
教室運営 comments(0) -
本番のために
 今回の講師演奏(特に暗譜で弾いた曲)は、去年までより集中力が無かったかな?と反省していた。
しかし、そうではなく、あらゆる出来事に対応できるよう、普段から集中していなくても弾けるようにしておくのがよいと、教わった。
わたしも、今回横に鏡を置いて姿勢をチェックしながら弾いたりしていたのだけど、もっともっといろいろやっておいたほうがいいんだね。
余裕を持つというのかな?

また来年、トライしてみよう。
いつものように、年が明けたら早々に曲を決めましょう。

**************************
レッスンのお問い合わせは、コチラから。
無料体験レッスンもあります。
無駄な力をかけずに楽に弾けるようご指導していきます。
大人の方も、お気軽にどうぞ♪
自分の練習 comments(0) -
ヨーヨー・マさん
 11月11日、サントリーホールで行われたヨーヨー・マさんの演奏会へ行ってきました。
一言で表現すれば・・・・こんな表現よいかどうかわかりませんが・・・・高級車に乗っているような心地でした。

この日のスタイルは、ピアノとの「デュオ」。
よくピアノ雑誌などに「伴奏ではなく、アンサンブルなのです。」とか書いてありますが、まさにこれだな・・という演奏。
息が合っているというよりも、「音色が合っている」のです。
ふたりが、同じように音色を変化させて作品を創りあげていました。
CDは1枚家にあるけど、ホールでさらに買おうとは思いませんでした。
ライブのほうが、だんぜんいいと確信したからです。

演奏会 comments(0) -
発表会 2010
10月31日、年に1回の発表会を開催しました。
例年通りの、3部構成。
1部は「独奏」、2部は「連弾」+@、3部は「ミニ・コンサート」(講師演奏)となっています。
今年は、1部は19人。
初心者が減ってきているので、ようやく曲らしいプログラムになってきたように思います。
2部の連弾は、今年初めて生徒さん同士の演奏を中心に行ったので、連弾の楽しさと難しさを同時に学べるよい機会になりました。
親御さんはハラハラされた方もいらっしゃったようですが、先生とそつ無く終わるよりずっと音楽的です。
来年もやってみたいと考えています。

「連弾」+@とは、「星に願いを」で私がフルートで参加したからです。
久々に吹いてみましたが、まぁまぁでした。
また再開したいなぁ・・・。

記念品は、レッスンで糸つきの色鉛筆が興味持たれたので2色と、手帳とハンカチ。
色鉛筆でどんどん楽譜にチェックを入れて、手帳にも書き込みして、もっともっと練習に積極的になってね♪という思いで選びました。
ハンカチは、いつも手を清潔にということで。
会の最後に説明をしましたが、どのくらいの生徒さんが実行してくださるのでしょうか?
強制はしておりませんので、悪しからず・・・というところです。

ラッピング前の状態。
時間はかかりますが、楽しい作業です。


1部の演奏が終わって舞台袖に戻るときに、メッセージカードを添えて手渡しました。
それと、ブーケを帰るときに渡しました。

記念品については、名前を彫ったカトラリーという素敵な案も教えていただきました。
覚えておこう。

ミニ・コンサートは、「テンペスト 1楽章」、「落日」(椎名林檎)、「この道」、「見上げてごらん夜の星を」の4曲、20分ほどの構成にしました。
暗譜は、テンペストだけ。
他の曲は、アレンジの魅力を楽しんでいただけたのではと思います。

当日リハから全プログラム終了までの所要時間は約4時間半というところなので、年齢の低い生徒さんや兄弟の方は持たないかもしれません。
ということで、去年からリハが終わったところで集合写真を撮ることにしました。

今年、大人の生徒さんは2人でした。
来年は、もうひとり出場してくださる予定ですが、もっと増えるといいなと考えています。

大人の方、お気軽に体験レッスンを活用してくださいね♪
お問い合わせは、LINKにある「お問い合わせはこちらから」よりメールを送ってくださいませ。
発表会☆おさらい会 comments(0) -
| 1/7 | >>